皮膚科医が採用する敏感肌のためのスキンケアブランド ラ ロッシュ ポゼ

こんにちは ゲストさん


  • 個数: 0 点
  • 合計: 0 円


ニキビとスキンケア

1. ニキビとは?

健康な皮膚の表面は、常に皮脂の膜で覆われています。皮脂は毛穴の内側にある皮脂腺から分泌されています。
思春期になると、活発に分泌される性ホルモンが皮脂腺を刺激するため、皮脂の分泌量が増加します。それと同時に、毛穴の角質細胞が増える(角化)ため、皮脂が毛穴から排出されにくくなります。こうして角質細胞や皮脂が毛穴に詰まることによって、ニキビができるのです。
最近増えている成人のニキビは、不規則な生活やストレスなどのためにホルモンのバランスが崩れることが原因だと考えられています。

健康な皮膚の皮脂分泌
角質層の構造

2.ニキビの症状とでき方

健康な皮膚の皮脂分泌

毛穴に皮脂や角質が詰まって小さく盛り上がったものを面皰(コメド)といいます。毛穴が閉じている閉鎖面皰は白ニキビ、毛穴が開いている開放面皰は黒ニキビと呼ばれます。

角質層の構造

面皰の中でアクネ菌が増殖して炎症を起こすと、毛穴の周りが赤く盛り上がった紅色丘疹になります。

3.膿疱

炎症がさらに進行すると、化膿して膿疱になります。
膿疱を悪化させると瘢痕や色素沈着が残ることがあります。

3.日常生活におけるニキビケアのポイント

  • 毎日の入浴、シャワーの際は、皮脂腺の多い、頸部、胸部、背部も忘れずに、強くこすらず洗浄剤の泡でやさしく洗いましょう。
  • ヘアケア製品が残らないように、洗髪後に顔や体を洗いましょう。
  • ニキビに触れる洋服や枕カバー等の素材は柔らかく清潔なものを心がけ、頭髪は額や頬にかからないようにできるだけまとめましょう。
  • ニキビをいじる、頬杖をつくなどの皮膚への刺激は、ニキビを悪化させるので避けましょう。
  • ニキビ予防と、炎症後の色素沈着予防のために、日やけ止めを塗りましょう。

4.ニキビ予防のためのスキンケア

ニキビの予防と治療には、適切なスキンケアが何よりも大切です。
また、ニキビに対してケミカルピーリングを行ったときには、皮膚のバリア機能が低下しているため、特別なスキンケアが必要です。

1. 洗浄

  • 洗浄剤は肌質に合わせて選び、まず手を洗ってから使用量を守ってよく泡立てましょう。
  • こすらずに優しく、泡で膜を作るようにして洗いましょう。
  • 水かぬるま湯で十数回、洗浄剤が残らないように丁寧にすすぎましょう。

2. 保湿

化粧水
  • 洗浄後の乾燥を防ぐために、化粧水を手に取り、手のひら全体で顔を優しく押さえるようにしてなじませましょう。
  • ニキビ肌用の化粧水には、保湿成分に加えて皮脂分泌を調整する成分や、
    アクネ菌の増殖を防ぐ成分などが配合されています。
美容液
  • ニキビ肌用の美容液には、保湿成分とともに角質細胞除去成分が配合されており、
    肌の代謝を促してニキビを予防します。

3. 紫外線対策

  • 紫外線は、皮膚の角化を促進してニキビの悪化要因となるので、オイルフリーの日やけ止めで防御しましょう。
  • ケミカルピーリングを行ったときには、肌の防御機能が低下しているので、必ず日やけ止めを塗りましょう。

5.ニキビ肌に優しいメイクアップアドバイス

ニキビ肌にメイクは禁物といわれてきましたが、現実的には仕事などで外出する機会も多いため、毎日をノーメイクで過ごすのは不可能でしょう。
そこで、ニキビを悪化させずに、上手にニキビを隠すメイクアップ法をご紹介します。

ベース
毛穴を塞がないように、油分が少ない処方や、ノンコメドジェニック処方のファンデーションやBBクリーム等をこすらず軽く押さえるように塗布しましょう。
カラーコントロール
ニキビの炎症による赤みにはグリーンのコントロールカラーを、炎症後の色素沈着には黄色のコントロールカラーを重ねると、肌色に近づいて目立たなくなります。
ポイントメイク
アイメイクやリップメイクなどのポイントメイクに重点を置くと、ニキビから視線をそらして目立たなくする効果があります。

ニキビに対する知識を持ち、普段から正しいスキンケア、メイクアップ方法を心がけてニキビを予防し、充実した日々をおくりましょう。

にきびができやすい肌用スキンケアはこちら
バックナンバー

PageTop