これからはロングUVAに注目!

これからはロングUVAに注目

真皮まで到達してしまう、ロングUVAに注意

地上まで届く紫外線にはいくつかの種類がありますが、その中でも年間を通して降り注ぎ、しみ、しわ、たるみの原因となるUVAには注意が必要です。実はそのUVA、短い波長と長い波長があるんです。

紫外線の皮膚内部への到達度

短波長UVAは、皮膚のメラニン色素を濃くし、皮膚の色素沈着やシミが目立つようになる原因となります。長波長UVA(ロングUVA)はさらに皮膚の深部へと到達し、真皮の線維組織(コラーゲン・エラスチン線維など)と線維芽細胞にダメージを与えるのです。皮膚の支えが弱くなることにより、皮膚表面にシワが現れ、ハリが失われてしまいます。

ロングUVAは、皮膚に届く紫外線量の約75%!

紫外線A波の中でも皮膚深部の真皮にまで到達するロングUVAは、地上に降り注ぐ全体の紫外線量のうち、なんと約75%も占めています。地上に降り注ぐ紫外線

ロングUVAは、シワ、ハリが失われるなどエイジングサインの主な原因。ロングUVAから肌を防御することが、エイジングケアにも重要です。

同じ日やけ止めでもこれからはロングUVA防御に注目して、ハリのある若々しい印象の肌を一緒に目指していきましょう。

ロングUVAテクノロジー採用の
日やけ止めはこちら
バックナンバー
ページの先頭へ戻る