ラ ロッシュ ポゼ公式通販サイト│敏感肌のためのスキンケアブランド

皮膚科医が採用する敏感肌のためのスキンケアブランド ラ ロッシュ ポゼ

こんにちは ゲストさん

  • 個数: 0 点
  • 合計: 0 円
  • TOP
  • コラム
  • 「親子で外遊びする際に気を付けたい紫外線対策とは?」

親子で外遊びする際に気を付けたい紫外線対策とは? ラ ロッシュ ポゼ UVAアンバサダー  友利 新 先生親子で外遊びする際に気を付けたい紫外線対策とは? ラ ロッシュ ポゼ UVAアンバサダー  友利 新 先生

温かく過ごしやすい季節は、子どもと一緒に元気に外遊びを楽しみたいもの。

しかし、子どもの肌は大人に比べて想像以上にデリケート。とはいえ、紫外線による肌ダメージを気にして外遊びを躊躇うのはもったいない!

日やけ止めの基本的な知識を知ったうえで、正しく紫外線対策を行うことが大切です。 親子でしっかりUVケアをして、外遊びを楽しみましょう!


知っておきたい日やけ止めの基礎知識

まず知っておきたいのは、日やけ止めの基礎知識について。
SPF、PA、UVA、UVB、ロングUVAなど、UV対策に関連するキーワードを正しく理解しましょう。

<日やけ止めの基礎知識についてはこちらをチェック>
https://www.laroche-posay.jp/?s=column/tomori01

子どもの肌はとっても繊細

まだ発達途中の子どもの肌は大人と比べて薄く、とても繊細なため、真皮層までダメージを受けがち。

実は、紫外線ダメージによる肌トラブルの約50~80%が、20才までに蓄積されたものにより起こるといわれています。そのため、大人以上に子どもの紫外線対策は毎日行う習慣をつけてあげることが大切です。


親子で外遊びする際におススメの日やけ止め

<思いっきり楽しむためには、どんな日やけ止めを選ぶのがよいの?>

特に日差しの強い真夏の外遊び、ママにおススメしたいのはしみ・しわ・たるみなどのエイジングサインを防いでくれて、低刺激設計の日やけ止め。最近では大気中微粒子の付着を防ぐものも出ています。

子どもには、デリケートな肌にも使える、キッズ用の日やけ止めを選ぶと良いでしょう。スプレータイプだと、動き回るお子様でも簡単にぬれますよ。

<日やけ止めの適量は?>

私が様々な方のUV対策を見て思うのは、皆さん使われる日やけ止めの量が平均して少なめだということです。顔用には、大き目のパール粒大、全身にはゴルフボール大を目安にたっぷりと塗りましょう。

<日やけ止めの塗り方は?>

まず、顔は5点置きと覚えましょう。鼻・おでこ・あご・両頬の5点に日やけ止めを置き、顔全体に伸ばします。鼻まわりやあご先、耳の後ろなどの細かい部分も忘れずに。ボディも、手や足の甲などの細かい部分も、日にあたりやすいパーツなので忘れずしっかりと塗ってあげましょう。

子どもにも、正しい日やけ止めの使い方や紫外線防御の方法を教え、習慣にしてあげてみてください。

<外出先ではどんな対策が必要なの?>

特に夏場は、朝にばっちり仕込んだ日やけ止めも、子どもとの外遊びでは汗や皮脂で流れ落ちてしまうことがほとんど。日やけ止めの効果を持続させるためには、2,3時間おきのこまめな塗り直しが大切です。スプレータイプの日やけ止めを1本持ち歩くと、メイクの上からや、全身にも使えて便利ですよ。

また、10~16時の時間帯は、紫外線量が多くなるため、なるべく「日陰」を味方にして外遊びを楽しみましょう。子どもが覚えやすい紫外線対策として、『自分より影の方が短くなったら日陰に行く』と教えてあげると◎。

遊びに夢中になると、子どもはもちろん大人もうっかりしてしまうことも。外遊びの際には、服装でも紫外線防御のための備えをしておくと安心です。

できるだけ直接肌に紫外線があたらないように、長袖、長ズボン、暗めの色の服を身に着け、顔や目を守る、ツバの大き目な帽子やサングラスなどを使用しましょう。

<水遊びのときの紫外線対策で気を付けたいことは?>

通常の外遊び以上に、紫外線の照り返しが強い水遊びのときは、特に紫外線対策への注意が必要です。

水で日やけ止めが落ちてしまうと効果がなくなってしまうため、水遊びの際には水に強いタイプの日やけ止めを使いましょう。また、パラソルやテントを活用したり、UV防御効果のある水着、羽織るものなどを持っていきましょう。女の子の場合は、肌を覆う面積の広いワンピースタイプの水着がオススメです。

また、紫外線防御の効果をしっかり持続させるためには、2時間おきに塗り直すことが必要。汗をかいたり、プールや海で泳いだ後には濡れた肌の上からでも使えるはっ水型の日やけ止め等をつかって、塗り直すようにしましょう。


正しい日やけ止め選び&紫外線対策で親子で外遊びを楽しみましょう!

肌が日やけして黒くなったりヒリヒリしたり……といった、すぐ目に見える影響だけでなく、徐々に蓄積されていく紫外線ダメージ。その脅威は、将来的に皮膚ガンの危険性に繋がり兼ねないということを忘れず、親子でしっかりと対策することが大切です。

大人でもなかなか正しいケアができている人は、意外と少ないもの。

外遊びは、親子で楽しい思い出をつくるチャンスもたくさん!日やけ止めの選び方や使い方をきちんとおさえて、子どもの未来のために紫外線との付き合い方を教えながら、親子で外遊びを安心して思い切り楽しみましょう!


  • ラ ロッシュ ポゼ UVAアンバサダー
    友利 新 先生

    現在、都内2か所のクリニックに勤務の傍ら、医師という立場から美容と健康を医療として追求し、美しく生きる為の啓蒙活動を雑誌・TV などで展開中。
    2004年第36回準ミス日本という経歴をもつ、美貌の新進医師。美と健康に関する著書も多数


バックナンバー

PageTop