メインコンテンツ

日やけ止めの基礎知識
日やけ止め製品に記載されている「SPF」「PA」の数字は何をあらわしているのでしょうか?

「SPF」とは? 日やけ(サンバーン)を起こすおもにUVBから肌をどの程度防止できるかという目安の数値。
「PA」とは? UVAから肌をどの程度防止できるかという目安の数値。

日やけ止めを選ぶ時は、「SPF」の数値だけではなく、UVAの防止指数である「PA」の数値も確認し、UVAUVB両方をバランスよく、防御する日やけ止めを選びましょう。
では、次に意外と知られていないUVA(紫外線A波)について、ご紹介しましょう!

 

UVAは皮膚に届く紫外線量の約95%を占めています。
紫外線UVA波・UVB波とは?

紫外線はUVA(紫外線A波)、UVB(紫外線B波)、UVC(紫外線C波)の3種類あります。
UVCはオゾン層で吸収されて地表には届きませんが、UVAとUVBは地表に降り注いでいます。
そのうち、皮膚に届く紫外線の割合は、UVAが約95%、UVBが約5%です。

UVB

ほとんどが大気層で吸収されるが、一部は地表へ到達し、皮膚や眼に有害である。日やけを起こしたり、皮膚がんの原因となる。

UVA

波長が長く、雲や霧、窓ガラスを通過し、皮膚深部の真皮にまで到達します。しみ、しわ、たるみなどの原因の1つ。

UVAは1年中、
気が付かないうちに肌にダメージを与えている紫外線!

UVBは、10時~4時に照射量がピークに達しますが、UVAは日の出から日の入りまで降り注ぎます。またUVAは年間を通じて、夏場などの日差しが強い季節だけでなく、冬場や曇りの日も降り注いでいます。

UVA(紫外線A波)は年間を通じて曇りの日でも降り注いでおり、夏場だけではなく年間を通じた紫外線対策が重要なカギ!

 

UVAが肌にもたらす影響とは?
光老化

肌の老化には、加齢による自然老化と外的要因による老化があります。外的要因の一つとして、紫外線、特にUVAを長期間浴びると、しみ、しわ、たるみなどの「光老化」が引き起こされると知られています。肌の老化の大部分をしめる要因が、この「光老化」によるものとされています。「光老化」は、肌を紫外線にさらさないことが重要です。
UVAの肌への影響は、長期的なダメージとなって現れます。

紫外線、特にUVA(紫外線A波)は目には見えませんが、肌のしみ、しわ、たるみなどの光老化を引き起こす原因の1つです。まずは、化粧品や乳液など、基本的なステップの最後に、UVA防止効果が高く、バランスの良い日やけ止めを毎日塗る習慣をつけましょう。
美肌を保つ秘訣は、毎日続ける紫外線対策です!
予防を心がけること、これが一番の美容法です。

 

ラ ロッシュ ポゼ UVAアンバサダー
友利 新 先生

現在、都内2か所のクリニックに勤務の傍ら、医師という立場から美容と健康を医療として追求し、美しく生きる為の啓蒙活動を雑誌・TV などで展開中。
2004年第36回準ミス日本という経歴をもつ、美貌の新進医師。美と健康に関する著書も多数

 
オリエンテーションメッセージ
最高の体験をお楽しみいただくために、デバイスを回してみてください