メインコンテンツ

みなさんは日やけ止めを普段どこに置いていますか?
私は必ずスキンケア製品と一緒に置いています。
なぜなら、毎日のスキンケアの最後のステップが日やけ止めを塗ることだからです。
今回は、毎日日やけ止めを塗る事がなぜ必要なのかを学びましょう。

 
UV対策はスキンケアの一環。一年中降り注ぐUVAには要注意!
波長が長く、雲や霧、窓ガラスを通過し、皮膚深部の真皮にまで到達し、しみ、しわ、たるみなどの原因の1つとされる紫外線A波(UVA)は、紫外線B波(UVB)と比べて、年間通じて降り注いでいる紫外線です。
そして、実は皮膚に届く紫外線の約95%はUVA(紫外線A波)が占めているのです。

Ⓒ東海大学,平塚市における1990年以降10年間の月平均
独立行政法人 国立環境研究所 発行
絵とデータで読む太陽紫外線 -太陽と賢く仲良く付き合う方法- より
皮膚に届く紫外線量の約95% がUVA
 

上記2つのグラフをご覧いただくと分かるとおり、紫外線の量には差がありますが、1年を通して地上に降り注いでいます。また日差しの強い夏だけ日やけ止めを使用する人が多いですが、肌を紫外線ダメージから守りたいなら、1年中UVケアを行うことが大事なのです。
日やけ止めを毎日のスキンケアステップの1つとして取り入れていきましょう。

日焼け止め塗り方のポイント
紫外線ダメージから肌を守るためにも日やけ止めの正しい塗り方を覚えましょう。

  1. 日やけ止めは、汗や汚れを落としてから塗りましょう
  2. 塗る量が少ないと効果が落ちるので、使用法に記載してある適量を少しずつ、ムラなく、引き伸ばすように塗りましょう。
  3. 顔、首、デコルテだけでなく手足の日光を浴びる部分にも塗る。耳の裏や小鼻の脇も塗り忘れのないように気をつけましょう。
  4. 汗をかいたら塗り直す。できればいつでも塗り直せるよう日やけ止めは携帯しましょう。
  5. 1日の終わりにはせっけんでキレイに洗い落しましょう。
 

私が必ず皆さんにお伝えしているのは、紫外線ケアは、スキンケアの一部だということです。
シミ、シワ、たるみの原因の1つであるUVAは、1年中降り注いでいます。
日やけ止めをメイク製品と一緒にストックしている方は、明日から習慣を見直してみましょう。

ラ ロッシュ ポゼ UVAアンバサダー
友利 新 先生

現在、都内2か所のクリニックに勤務の傍ら、医師という立場から美容と健康を医療として追求し、美しく生きる為の啓蒙活動を雑誌・TV などで展開中。
2004年第36回準ミス日本という経歴をもつ、美貌の新進医師。美と健康に関する著書も多数

 
オリエンテーションメッセージ
最高の体験をお楽しみいただくために、デバイスを回してみてください