皮膚科医が採用する敏感肌のためのスキンケアブランド ラ ロッシュ ポゼ

こんにちは ゲストさん


  • 個数: 0 点
  • 合計: 0 円

  • TOP
  • コラム
  • 夏の肌ダメージを回復させるスキンケア

「夏の肌ダメージを回復させるスキンケア」
				強い紫外線やエアコンの冷気など、夏の間に受けた肌へのダメージが表れる季節、スキンケアがとても重要です。銀座 ケイスキンクリニック 医学博士 院長 慶田 朋子先生 銀座 ケイスキンケアクリニック

夏の間、みなさんの気付かないうちに、肌は深刻なダメージを受けています。

強い紫外線によるシミ・くすみやエイジングサイン

しみメカニズム

UVAとUVBの波長。UVAは波長が長く、皮膚の弾力を保つコラーゲンにまでダメージを与えます

夏の間に肌に最も影響を与えるのが紫外線です。

紫外線から体を保護するために表皮基底層に存在するメラノサイトからシミ・くすみの原因であるメラニンが生成されます。また肌の深部に隠れていたシミの予備軍たちも、紫外線や乾燥などの外部刺激により肌表面に現れてきます。

地表にまで届く紫外線にはUVAとUVBがありますが、そのうちUVAは皮膚真皮まで深く到達し、ベッドのスプリングのように皮膚の弾力を保つ膠原線維(コラーゲン)にまでダメージを与え、たるみや小じわの原因の1つとなります。また紫外線は皮膚を乾燥させるため、さらに小じわが目立ちやすくなると言われています。

さらに、紫外線のダメージにより肌の新陳代謝が滞り、古い角質がたまって肌がごわつきやすくなります。メラニンを含む古い角質が肥厚した皮膚は、シミ・くすみが目立つうえ、いくら保湿効果の高い化粧品を使っても成分が浸透しにくいため、肌の乾燥が更に進んでしまいます。

過剰な皮脂分泌が毛穴の開きや皮膚刺激の要因に

冬よりも夏に毛穴が目立つ原因の一つは、過剰な皮脂分泌が要因の1つと言われています。皮脂を放っておくと、酸化して肌を刺激し、肌に赤みが出たり、チクチク感を感じるなど、過敏な状態になります。
さらに、酸化した皮脂は活性酸素を発生させ、皮膚老化の原因になるとも言われています。

エアコンの冷気による乾燥や肌荒れ

エアコンの冷気自体が皮膚を刺激し、また乾燥させるため肌のバリア機能も低下しやすくなり、肌荒れを起こしやすくなります。

夏のダメージをケアし、健やかな肌状態に戻してあげることが重要です。

肌ダメージを回復するスキンケアのポイント

  • 軽いピーリング効果のある洗顔料やクリニックでのピーリング施術などで、肌表面に溜まったメラニン色素を含む古い角質をしっかりケアしましょう。ただし肌が過敏な状態の場合は、摩擦時に刺激を与えないように注意してください。
  • 美白作用や抗酸化作用のある成分を配合したスキンケア製品でメラニンの生成を抑えるケアをしましょう。
  • 紫外線、特にUVAは年間を通じて、曇りの日でも肌深部に降り注ぎ、肌に深刻なダメージを与えています、シミ・しわ・たるみなどを予防するため、日やけ止めは夏だけでなく、秋~冬にも忘れずに。薄く2~3度重ね塗りするのがポイントです。
  • 保湿は冬が重要と思われがちですが、汗をかくため気づかないだけで、夏の間も肌は、想像以上に乾燥しています。秋口には、普段より肌をしっかり保湿してあげてください。
  • 化粧水などでたっぷり保湿したら、保湿力の高い乳液やクリームなどで蓋をして水分の蒸発を防ぎましょう。
UVA量、UVB量の月間変動

肌ダメージを回復する食生活のポイント

「肌サビ」の原因となる活性酸素消去に効果的な抗酸化作用のある栄養素を積極的に摂取しましょう。

  • ビタミンC:レモン、いちご、キウイなど
  • ビタミンE:植物油、大豆、アーモンドなど
  • リコピン:トマトやニンジン、パパイヤなど
  • ポリフェノール:ブルーベリー、緑茶、ぶどう、大豆など
活性酸素消去に効果的な抗酸化作用のある食べ物

*ビタミンCをサプリメントや食物から摂取する場合は、一定量以上は排出されやすいので、何回かに分けてこまめに摂りましょう。
また、健康な肌をつくるたんぱく質や、肌の新陳代謝に欠かせない亜鉛・マグネシウムなどのミネラルも大切です。

肌ダメージを回復するその他ポイント

  • 肌に熱感(ほてったような感触)を感じる時は、皮膚が炎症を起こしている状態ですので、まず冷やしましょう。
    保冷材にタオルやハンカチをまいて、そっと肌にあててみてください。冷たいおしぼりでもよいでしょう。その後は敏感肌用のスキンケア製品を使用し、肌に刺激のある製品の使用はしばらく避けましょう。ヒリヒリ感がある場合は皮膚科を受診してください。
  • 汗は肌への刺激となるので、こまめにタオルやハンカチでふきとりましょう。肌にやさしいやわらかな素材のものがおすすめです。

肌が夏の間に受けてしまったダメージをきちんとケアをして健やかな皮膚の状態に戻してあげましょう。

慶田朋子先生プロフィール
慶田朋子先生皮膚科学全般の豊富な知識と経験に裏打ちされた、美的センスと創造性豊かで革新的な美容皮膚科治療を安全にお届けします。その時の状態で一喜一憂するのではなく、一ヶ月、一年後の変化を楽しみにしていただけるような美のトータルサポートがポリシーです。
院長は、明るくさっぱりした性格、そして何でも気さくに相談できる人柄です。美容にかかわらず皮膚疾患の学会誌や学会情報にまで目を通し、勉強熱心なことでも知られています。

銀座 ケイスキンクリニック Webサイト http://www.ks-skin.com/
<経歴>
平成11年〜
  • 東京女子医科大学医学部医学科 卒業
  • 日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
  • 日本レーザー医学会認定レーザー専門医
  • 東京女子医大皮膚科学教室に入局
  • 東京女子医大皮膚科助手、聖母会聖母病院皮膚科医員、都内皮膚科・美容クリニック勤務を経て
平成18年〜
  • 有楽町西武ケイスキンクリニック開設
平成23年〜
  • 銀座ケイスキンクリニック開設
バックナンバー

PageTop