皮膚科医が採用する敏感肌のためのスキンケアブランド ラ ロッシュ ポゼ

こんにちは ゲストさん

  • 個数: 0 点
  • 合計: 0 円
  • TOP
  • コラム
  • シミ、シワ、たるみは、なぜできる?その原因の1つは、紫外線です。

シミ、シワ、たるみは、なぜできる?その原因の1つは、紫外線です。UVAアンバサダー  友利 新 先生シミ、シワ、たるみは、なぜできる?その原因の1つは、紫外線です。UVAアンバサダー  友利 新 先生

寒さがましてくると、保湿や保温だけに気持ちがいってしまい、紫外線対策はおろそかになってしまう人も多いかもしれません。でもその油断は、シミ、シワ、たるみに直結!今回は、冬の紫外線と老化の関係、いますべきお手入れについてお話します。

  • 美肌を保つには、1年中、紫外線対策はしっかりと! スキンケアは季節によって見直すと、季節の変わり目の肌あれも軽減します。


  • 事実1
  • 冬にUV対策をサボっている人は注目!
    紫外線は、どんな季節や天候でも降り注いでいます

夏のジリジリと照りつける太陽に対し、冬は暑さがやわらぐため、紫外線対策の重要性を感じない人もいるのでは? でも、思い出してください。窓から差し込む紫外線は、正面から容赦なく顔を照らしています。雪山でスキーを楽しんだ後はゴーグルの跡がついたりガサガサしてしまいますよね? つまり、紫外線は一年中、降り注いでいるのです。

  • 事実2
  • 紫外線対策は夏だけのものではなく、365日行うもの。スキンケアの最後は、クリームではなく日焼け止め、を心がけてくださいね。


  • 紫外線の約95%を占めるUVAを防ぐことも大切です

UVAとは、紫外線の中でも波長の長い紫外線A派のことで、光老化(シミ、シワ、たるみ)を引き起こす原因になると言われています。地表に届く紫外線のうち、なんと約95%をUVAが占めています。UVA自体のエネルギーは弱いものの、照射量が多く、曇の日でも室内にいても肌の奥まで届くという特徴があります。赤みや炎症を起こすUVBと異なり、そういった自覚症状がすぐに現れないため、いつのまにかシミができていた、ということにもなりかねません。そのため、曇りの日でも室内にいてもUV対策をすることをおすすめします。

室内でもUVAに注意!

  • 美肌のためのスキンケアと聞いて連想するのはなんですか? 美容液? クリーム? いえいえ、じつは日々の紫外線対策が肌の美しさにつながるのです。何度も言います、UV対策を!


  • 事実3
  • 冬は紫外線+乾燥で超敏感肌に。
    低刺激設計のアイテムに切り替えましょう。

この時期はただでさえ、肌の乾燥が進むとき。紫外線から無防備な状態でいると、さらに水分が奪われ、不快感を感じてしまうことも。紫外線と乾燥のダブルダメージを受けやすい季節には、日々のスキンケアをお休みして、お手入れを見直してみては?紫外線対策には、保湿効果が高く、肌を美しく魅せる色みのついたBBクリームを。肌に触れるプロセスを減らすことができますよ。

紫外線を長年浴びると……こんな変化が!


  • ラ ロッシュ ポゼ UVAアンバサダー
    友利 新 先生

    現在、都内2か所のクリニックに勤務の傍ら、医師という立場から美容と健康を医療として追求し、美しく生きる為の啓蒙活動を雑誌・TV などで展開中。
    2004年第36回準ミス日本という経歴をもつ、美貌の新進医師。美と健康に関する著書も多数

美容ジャーナリスト鵜飼 香子さんが教えるCHECK&TRY!美容ジャーナリスト鵜飼 香子さんが教えるCHECK&TRY!

  • 不快感を感じやすいこの季節。
    そんなときはトレリアンがおすすめです。

季節の変わり目、ちょうど秋から冬の時季に、肌あれを起こしやすく、そのために低刺激設計のスキンケアアイテムをお守りがわりに常備しています。なかでも「トレリアン」は、みずみずしい質感で肌におだやかになじむ感触が大好き。しっとりうるおう感触がお気に入りで、スキンケアをしていると心まで鎮まっていく感じがします。そして、肌が敏感なときでも、やっぱりキレイでいたいから、スキンケアの仕上げは「UVイデア XL プロテクションBB」を。うるおう感覚も、肌ムラカバーもおまかせ。発売以来、大人気というのも納得の仕上がりです。

  • 美容ジャーナリスト鵜飼 香子

    美容専門雑誌の編集を経て、現在はファッション誌の美容ページや、広告、セミナー、イベントなどで活動中。紫外線ケアに意識の高い母の影響で、中学生の頃にUVケアを習慣に。ふたりの娘には、0歳から日焼け止めのケアをスタートさせた。


バックナンバー

PageTop