メインコンテンツ

年々、その悪影響がニュースにもなり、対応策やアイテムに注目が集まっている、大気汚染。肌にもさまざまなダメージを与えることが分かっています。生活をしている限り肌への影響は避けられないもの? 答えはNO。じつは防ぎながら美しくなる方法があるのです。

     ご家族の健康や美肌に役立つ情報、ぜひご覧くださいね。

STEP1 知る

日本全土を覆う大気汚染物

年々、肌へのダメージは深刻になっています。

なんだか肌がくすんでいる、シミが目立ってきた……。もしかするとそれは、大気汚染が原因かもしれません。そもそも大気汚染とは、工場の煙や排気ガス、花粉のほかに、PM2.5という髪の毛の太さの1/30ほどの微小粒子物質までを言い、近年とくにアジア諸国で深刻な問題に挙げられています。肌への影響は、大気汚染物質が肌に付着することで、肌の炎症や過酸化を引き起こし、エイジングや敏感性を加速させることが分かっています。

     日本は、世界のなかでもとくに大気汚染に注意しなければいけない国なのです。

STEP2 守る

紫外線ダメージが加わるとエイジングは進行!?

だから紫外線対策はマストです。

ただでさえ、大気汚染物質によりダメージが起こっているのに、さらに紫外線を浴びると、ダメージは急激に高まり、シワやたるみ、シミに影響を及ぼすということも分かっています。衣類や帽子で守ることはもちろん、覆いようのない顔や首、手などは、紫外線対策を徹底すること。肌に付着するのを防ぐことも大切です。

     コートをはおるように、肌にも紫外線や大気汚染の付着を防ぐヴェールをまといましょう。

STEP3 洗う

帰宅したら、肌に付着した

ほこりを洗い流しましょう。

肌をガードしてくれている日焼け止めの表面には大気汚染物質が付着しているため、帰宅したらその汚れをしっかりと洗い流しましょう。ほこりの表面は拡大するとトゲトゲの状態であるため、ゴシゴシ洗うと刺激になってしまいます。たっぷりの量でやさしく包むようにして洗ってくださいね。汚染物質を残さないことが、美肌への道です。

     肌についた大気汚染物質は、その日のうちにキレイに洗い流しましょう。

ラ ロッシュ ポゼ UVAアンバサダー
友利 新 先生

現在、都内2か所のクリニックに勤務の傍ら、医師という立場から美容と健康を医療として追求し、美しく生きる為の啓蒙活動を雑誌・TV などで展開中。
2004年第36回準ミス日本という経歴をもつ、美貌の新進医師。美と健康に関する著書も多数

 

CHECK&TRY

キレイに見せながら大気汚染物質から守る。*

お守りBBです。

どんなに慌ただしい朝も欠かせない儀式が、スキンケアの仕上げの「UVイデア XL プロテクションBB」です。肌が薄く敏感に傾きやすい私の肌を、心地よいしっとり感のあるヴェールで包んでくれます。肌になじみながら確実に美肌色に見せてくれるカバー力で、気分が上がる仕上がりに。SPF50+/PA+++++で紫外線からもしっかりとガードしてくれます。

帰宅後のお楽しみは、「トレリアン フォーミングクレンザー」。肌なじみのいい泡とすすぎのあとの泡切れのよさは、さっぱり清々しい。私のすっぴん、好きだな、と自惚れてしまうくらい。

これさえあれば、おでかけがとても楽しいものになります。

* 大気中微粒子の肌への付着から守る

美容ジャーナリスト
鵜飼 香子

美容専門雑誌の編集を経て、現在はファッション誌の美容ページや、広告、セミナー、イベントなどで活動中。紫外線ケアに意識の高い母の影響で、中学生の頃にUVケアを習慣に。ふたりの娘には、0歳から日焼け止めのケアをスタートさせた。

 
オリエンテーションメッセージ
最高の体験をお楽しみいただくために、デバイスを回してみてください