<期間限定>全品送料無料

Derm Class
高橋愛さん×吉田貴子先生

TOPICS

教えて!
マスク荒れの正しいスキンケア

マスクはコロナ禍で手放せない必需品です。人々がマスクを毎日欠かさず着用するようになり、いろいろな場面で「マスク荒れ」という言葉を目にするようになりました。
そもそもマスク荒れの原因ってご存知ですか?マスクが触れる箇所以外も荒れてしまった経験があるのではないでしょうか。マスクを着けないといけないから仕方ないと諦めていたマスク荒れに、正しいスキンケア方法を先生に教えていただきます。

Q.1

マスクによる肌トラブルの原因って、なんでしょうか?

A.1

マスクが肌に直接触れる頬や口の周りは、マスク繊維との摩擦で肌が傷つき肌表面の角質層を刺激してしまい、赤味や乾燥の原因になっています。
マスク内は高温多湿で肌を保湿してくれているように感じるかもしれませんが、実は逆に「乾燥リスク」が高まっている状態です。マスクをしている際は、湿度も温度も高いのですが、マスクを外した時に、マスク内側に溜まっていた水分が急激に蒸発して、角質層の中の水分も一緒に蒸発して乾燥が進んでしまうのです。
また、マスクの内側は、皮脂や汗、自分の唾液が付着し、ニキビの原因菌である皮脂を食べて増えるアクネ菌をはじめ雑菌が繁殖しやすくなっています。その結果、ニキビや皮脂かぶれも起こりやすくなってしまいます。

Q.2

マスク生活で肌が荒れたり、敏感になってしまった場合どのようなケアをしたらいいですか?

A.2

まずは肌の構造についてお話したいと思います。
肌は、3つの層で構成されていて、一番外側の薄い膜を「角質層」と呼んでいます。
その角質層が水分を保つことで、摩擦や雑菌などの外部刺激から肌を守ってくれる働きをしています。それを肌のバリア機能と呼んでいます。ただし、マスクの摩擦でダメージを受けたり、乾燥した状態だと、肌のバリア機能が低下し影響を受けやすくなるのです。
肌のバリア機能をサポートするために、まずは毎日のスキンケアを見直してみてください。基本的なことですが、肌が敏感な時は過度な刺激を与えないこと、清潔に保ち、保湿することを心がけてください。特に、顔を洗う際には、低刺激で保湿成分が配合されている洗浄料を使い、ゴシゴシ洗わず泡立てて優しく洗うよう心がけてください。健康な肌は、肌のpHバランスが弱酸性に保たれています。ただ、必要以上に油分を洗い流してしまうと、せっかくのバリア機能も低下してしまうので洗い方も重要です。

Q.3

洗顔以外に、マスク荒れを防ぐために必要なことはありますか?

A.3

顔を洗って清潔に保つことと同じくらい、「保湿」も大切です。
先ほどもお話したように、マスクを外した時に水分が急激に蒸発することで肌は乾燥状態になっています。また秋から冬にかけては、空気も乾燥してさらに乾燥が進みやすい季節です。肌表面の角質層に水分をしっかり蓄えて、乾燥しづらい肌に導いていく必要があります。
すでにマスク生活が2年目に入り、摩擦やムレ、乾燥など常に肌に負担がかかっています。食事や運動、睡眠などの規則正しい生活を送ることと、低刺激で肌に優しい製品を上手に使いながら、肌を清潔に保ちしっかり保湿することを意識して、肌のバリア機能をサポートしていくことが大切です。

PRO-
FILE

吉田貴子DOCTOR

皮膚科医・美容皮膚科医。西洋医学と東洋医学を取り入れ、皮膚だけではなく美容と健康のトータルケアクリニックを2004年に開業。コメド圧出法を含めた自身の美肌に導くメソッドやホームケアを紹介した著書『「毛穴スッキリ」美肌メソッド』を出版。ブログ『Dr.TAKAKOの“花嫁美肌の作り方“』を更新中。その他、各メディアにも多数出演。

吉田貴子先生

PageTop