メインコンテンツ

#エイジング の記事一覧

シミができやすい人とは?肌の特徴と紫外線だけじゃない原因も紹介
紫外線がシミの原因になることはよく知られていますが、実は他にもシミの原因があることをご存じですか?また、シミができやすい人の肌はバリア機能が低下しているという特徴もあります。今回は、シミ対策に効果的なスキンケアの方法や、見直したい生活習慣についてご紹介します。      
肌の老化も、敏感肌も引き起こす2大悪 大気汚染物質と紫外線を防ぐ3step
年々、その悪影響がニュースにもなり、対応策やアイテムに注目が集まっている、大気汚染。肌にもさまざまなダメージを与えることが分かっています。生活をしている限り肌への影響は避けられないもの? 答えはNO。じつは防ぎながら美しくなる方法があるのです。
親子でしっかりUVケアをして、外遊びを楽しみましょう!
シミ、シワ、たるみは、なぜできる?その原因の1つは、紫外線です。
寒さがましてくると、保湿や保温だけに気持ちがいってしまい、紫外線対策はおろそかになってしまう人も多いかもしれません。でもその油断は、シミ、シワ、たるみに直結!今回は、冬の紫外線と老化の関係、いますべきお手入れについてお話します。
うっかり日やけ後のアフターケア
気をつけているつもりでも、うっかり日やけをしてしまった!ということがあるのではないでしょうか?今回は日やけ止めの基本の塗り方を復習した上で、うっかり日やけをしてしまった時のアフターケアについて学びましょう。
光老化と紫外線の関係性について
今回は光老化(シミ、シワ、たるみ)の原因の1つとされているUVA(紫外線A波)について学びましょう。
秋冬の気になる肌くすみの原因とその対処法
夏のダメージの蓄積と乾燥が重なるこの時期。
なんとなく化粧ののりが悪いと感じたり、顔色が気になる事はありませんか?
その原因は「肌くすみ」。
くすみがあると体調が悪そうに見えたり、老けて見えたりマイナスイメージ。
くすみの種類と原因について皮膚科医の先生にお話を伺いました。
監修:経堂皮膚科・泌尿器科 澤田 美月先生                                                                             
気になる目もとの悩みとケア
シワ、くま、くすみ、むくみ…。顔のパーツの中でも目もとにもは様々な悩みがつきものですね。目もとは顔全体の印象を大きく左右する大事な部位です。今回はその目もとに関する悩みの原因と、ケア方法について学びしょう。
監修 医療法人社団 眞弓会 まゆみクリニック理事長 戸佐 眞弓 先生                                                                          
若々しい肌を保つケア方法-レチノールとは?-
「アンチエイジングに効く成分」として広く知られているレチノール。どんな成分で具体的に肌にどんな効果があるかはご存じない方が多いのでは?正しい使用上の注意も含め、レチノールで若々しい肌を保つケアを学びましょう。
監修 オラクル美容皮膚科 髙橋 栄里先生                                                                                  
シワ・小ジワの「深い」肌悩みと予防・ケア方法
お肌のエイジングサインで特に気になるのが目じりや額などに目立ちやすい「シワ・小ジワ」。シワの原因は一般的に考えられている加齢だけではありません。なぜシワが出来るのか、またその正しい予防・ケア方法を学びましょう。
監修 秋葉原スキンクリニック 院長 堀内 祐紀先生
美肌のための冬の保湿対策
乾燥肌は湿度の低い冬場によくみられます。放置すると炎症やひどいかゆみをひきおこしたり、症状が悪化して湿疹を生じることもあります。
監修 医療法人社団 眞弓会 まゆみクリニック理事長 戸佐 眞弓 先生                                                                
夏の肌ダメージを回復させるスキンケア
夏の間に受けた肌へのダメージが、シミや肌あれ・小じわなどの形で顕著に表れる季節です。肌ダメージを回復させるポイントをチェックしましょう。
銀座 ケイスキンクリニック 院長 医学博士 慶田 朋子先生                                                                            
オリエンテーションメッセージ
最高の体験をお楽しみいただくために、デバイスを回してみてください