メインコンテンツ

#紫外線対策 の記事一覧

日焼け止めで肌が乾燥⁉敏感肌でも安心な日焼け止めの選び方と塗り方
日焼け止めで肌が乾燥した経験はありませんか?それは、日焼け止めが肌に合っていない可能性があります。特に敏感肌の人はご注意を。今回は敏感肌や乾燥肌のための、日焼け止めの選び方と塗り方のポイントを紹介します            
日焼け止め効果の持続時間と 塗り直すタイミングは?【動画解説付き】
日焼け止めをしっかり塗ったのに、いつのまにか落ちていて「うっかり日焼け」をしてしまう人も多いのでは?今回は、日焼け止めが落ちずに効果を持続できる時間について詳しく解説。長時間日焼け止めを塗り直さなかったときの「実証画像」も併せてご紹介します。
日焼け止めは毎日塗るべき!? 秋冬も侮れない紫外線対策の必要性とは
紫外線から肌を守る「日焼け止め」、日差しが強い夏だけ塗ればいいと思っていませんか?日焼け止めは、たとえ紫外線の少ない秋冬でも毎日塗るべきアイテムです。今回は、日焼け止めを毎日塗るべき理由と、季節やシーン別の日焼け止めの選び方、塗り方を紹介します。
日焼け止めは「適量」が大事! 効果的な塗り方のポイントと注意点
「ベタつきそうだしもったいないし…」と、日焼け止めを少量だけ塗っていませんか?日焼け止めの効果を最大限に発揮させるには「適量」が重要です。適量の目安と、より効果的に使うための正しい塗り方を動画で解説。注意点も紹介します。
肌のバリア機能回復のためには?紫外線で悪化する敏感肌との関係性
肌のバリア機能が低下すると、肌トラブルを招きやすい敏感肌になることがあります。実は日々の紫外線が、敏感肌を悪化させる可能性も!?肌が「乾燥しやすい」「ヒリヒリする」という人は要注意。バリア機能が低下する原因と回復方法を解説します。
テカリも乾燥も気になる?皮膚科医に聞く混合肌の原因と対策
テカリも乾燥もある・・それはもしかしたら混合肌かも?実は混合肌は、日本人に多い肌質のタイプの1つ。自分が混合肌と気づかず間違ったケアをしている方も多いとのこと。そこで今回は皮膚科医の友利先生に、混合肌の原因と対策をお伺いしました。              
今さら聞けない!UVの基礎知識を総おさらい
紫外線が気になり始める時期の4月下旬に、Zerobase表参道で開催されたPOPUPイベント “TONE-UP UV CENTER”で、ラ ロッシュ ポゼでは、アンバサダー向けUV講座を開催しました。ゲストには皮膚科医の友利 新先生をお招きして、この時期だからもう一度知っておきたいUV対策について教えていただきました。                       
肌の老化も、敏感肌も引き起こす2大悪 大気汚染物質と紫外線を防ぐ3step
年々、その悪影響がニュースにもなり、対応策やアイテムに注目が集まっている、大気汚染。肌にもさまざまなダメージを与えることが分かっています。生活をしている限り肌への影響は避けられないもの? 答えはNO。じつは防ぎながら美しくなる方法があるのです。
親子でしっかりUVケアをして、外遊びを楽しみましょう!
シミ、シワ、たるみは、なぜできる?その原因の1つは、紫外線です。
寒さがましてくると、保湿や保温だけに気持ちがいってしまい、紫外線対策はおろそかになってしまう人も多いかもしれません。でもその油断は、シミ、シワ、たるみに直結!今回は、冬の紫外線と老化の関係、いますべきお手入れについてお話します。
油断しないで! “秋のうっかり日やけ”を防ぐ方法3
秋冬のUV対策どうしてますか?
紫外線は年中降り注いでいるうえに、急な温度変化によるトラブルが多発しやすい時季でもあるのです。
年末に向けて外出も増える季節、美しい肌をキープするには“うっかり日やけ”を防ぐことが大切です。
日やけ止めのテクスチャー
最近では、日やけ止めにもたくさんの種類のテクスチャーが発売されていますよね。乳液タイプ、クリームタイプ、ジェルタイプ等がありますが、それぞれにおすすめの季節や肌タイプがあるのをご存知ですか。 今回は日やけ止めテクスチャー別の特長を学びましょう。
うっかり日やけ後のアフターケア
気をつけているつもりでも、うっかり日やけをしてしまった!ということがあるのではないでしょうか?今回は日やけ止めの基本の塗り方を復習した上で、うっかり日やけをしてしまった時のアフターケアについて学びましょう。
光老化と紫外線の関係性について
今回は光老化(シミ、シワ、たるみ)の原因の1つとされているUVA(紫外線A波)について学びましょう。
紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の違いについて
毎日使用するものだからこそ、紫外線散乱剤・紫外線吸収剤の違いを理解した上で、ご自身にとって、使い心地のよいものを選び、上手に紫外線と付き合っていきましょう。
お子様のための紫外線教育
11月12日(土)日本臨床皮膚科医会が定める「皮膚の日」に合わせて、お子様のための紫外線教育セミナーを開催しました。                                                                                 
透明感のカギは保湿だった? 医師に聞く明るい印象の肌のつくりかた
肌に透明感があると明るい印象や若々しい印象をもたらしますよね。今日はそんな透明感のカギを医師 戸佐 眞弓 先生にお伺いしました。
監修: 医療法人社団 眞弓会 まゆみクリニック理事長 戸佐 眞弓先生                                                        
肌力、はぐくもう。
肌力とは肌が刺激に負けずすこやかに保たれるために、肌に備わっている力のことです。肌力をはぐくむことで、乾燥が気にならなくなったり、肌の調子が良いと感じられたりします。肌力をはぐくむために大事なことをご紹介いたします。
監修:ふるはた皮膚科クリニック 古畑 由美子先生                                                                                
敏感肌って?
肌が弱くてかぶれやすい、かゆくなってしまう、なんとなくカサついて肌の調子が悪いなど、敏感肌の方の症状は様々ですよね。今回は、そもそも敏感肌とはどのような状態のことなのか、何が原因でなるのか、敏感肌の基本について学んでいきましょう。
監修 廣澤 朋子 先生                                                                                           
シワ・小ジワの「深い」肌悩みと予防・ケア方法
お肌のエイジングサインで特に気になるのが目じりや額などに目立ちやすい「シワ・小ジワ」。シワの原因は一般的に考えられている加齢だけではありません。なぜシワが出来るのか、またその正しい予防・ケア方法を学びましょう。
監修 秋葉原スキンクリニック 院長 堀内 祐紀先生
正しいスキンケアを心がけてニキビを予防
生活習慣やストレスが原因と考えられる大人のニキビが増えています。軽く考えがちですが、こじらせると皮膚に跡が残ることもあります。普段から正しいスキンケアを心がけてニキビを予防しましょう。
監修 東京女子医科大学医学部皮膚科学准教授 林 伸和 先生
オリエンテーションメッセージ
最高の体験をお楽しみいただくために、デバイスを回してみてください